先輩の声 建築設備部 建築課/現場管理 高橋 昌伸

建築設備部 建築課/現場管理 高橋 昌伸Masanobu Takahashi 2015年入社

「高校で学んだ知識を活かしながら、地域の人に役立つ仕事がしたい」
そんな思いで三共に入社しました。

先輩の声 建築設備部 建築課/現場管理 高橋 昌伸

私は地元の高校の建築科を卒業し、三共に入社しました。三共を受けたきっかけは、高校の先生からの紹介です。車が好きなので車の製造業への就職も考えましたが、「地域に貢献する仕事に携わりたい」「高校で学んだ建築の知識を活かして、まずは挑戦してみよう」と思い、三共に決めました。現在は店舗や工場などの建築現場で、スケジュールの管理や作業の進捗確認、安全管理などを行なっています。

現場管理はたくさんの人と接する仕事。意外かもしれませんが、周りとのコミュニケーションが重要です。

現場管理の仕事は、一日中外に出ているイメージがあるかもしれませんが、必ずしもそうではありません。社内で書類を整理したり、発注者と打ち合わせをすることもあります。三共の上司や後輩はもちろん、現場作業員、発注者など、社内外問わず多くの人と関わる仕事なので、コミュニケーション力が必要となります。 私は自分から話しかけるのが苦手な性格なので、入社当時はどうやって周りと接すればいいのか戸惑いました。しかし、先輩が気軽に声をかけてくれたり、幅広い年代の人と話をする機会が増え、自然に慣れてきたようです。今では、仕事で気になることがあったり、分からないことがあるときは、自分から積極的に周りの人に話しかけるようになりました。

先輩の声 建築設備部 建築課/現場管理 高橋 昌伸
先輩の声 建築設備部 建築課/現場管理 高橋 昌伸

私たちは、同じ建物をつくることはありません。現場も毎回変わるため、毎回同じような仕事をするわけにはいきません。失敗をしたり大変だと感じることも多々ありますが、自分で解決できない場合は必ず上司に相談して乗り越えます。年の離れた経験豊富な先輩ばかりなので、先輩からのアドバイスはとても勉強になります。 そうやって苦労した分、完成したときの感動は言葉では言い尽くせません。特に、自分の担当した建物を一般の人が利用している姿を見ると「地域の人の役に立って良かった」「これからずっと残っていく大切な建物をつくったんだな」と実感します。それが一番のやりがいですね。 将来の目標は、大きな現場を自分一人で動かし、問題なく乗り越えられるようになること。今はまだ、周りをうかがいながら仕事をしている状態です。新しい知識や技術を吸収しながら経験を重ね、一人で現場を任せてもらえるようになりたいです。

先輩の声 建築設備部 建築課/現場管理 高橋 昌伸

休日は友人とドライブ。気持ちをリフレッシュさせれば、翌日からの仕事もはかどります。

仕事が休みの日は、友人とドライブに行くことが多いです。私も友人も、じっとしていられない性格なんです。県外へ遠出をすることも多いですが、最近行って感動したのは秋田県仙北市の田沢湖です。前にも行ったことはあるのですが、改めて見てみると本当にキレイだなと感動しました。車を運転して、美しい景色を見ると、仕事の疲れも吹き飛びます。

ある一日のスケジュール

先輩の声 建築設備部 建築課/現場管理 高橋 昌伸 一日のスケジュール
先輩の声 建築設備部 建築課/現場管理 高橋 昌伸

Message
こんな人と働きたい!

積極的にコミュニケーションをとろう。

私たちの仕事はコミュニケーションが大事だとお話しましたが、三共の社員は皆、やさしく楽しい人ばかりですのでご安心ください。もちろん、自分から話しかけることも必要です。人見知りな性格の人も、一人の世界に閉じこもらず、ときには積極的に周りと関わりを持ってみてください。 また、現場管理はデスクワークも多い仕事です。パソコンの作業には慣れておいたほうがいいでしょう。基本的な使い方のほか、エクセルなども覚えておくと役に立つと思います。 皆さんと一緒に仕事ができるのを楽しみにしています。

先輩の声 建築設備部 建築課/現場管理 高橋 昌伸
私たちと一緒に働きませんか?

過去のものを残し、未来に良いものをつくる。
地域や社会へ貢献する「建設」という仕事に向き合いませんか?
三共では、「自ら目標を設定し、失敗を恐れずに行動に移し、粘り強く取り組む」人材を精いっぱいサポートいたします。

/ / / 先輩の声 建築設備部 建築課/現…