国内線屋上緑化システム工事

環境-国内線屋上緑化システム工事(施工後)

(施工後)
竣工:2009年6月
工事概要:大林式屋上緑化工事(E-ソイル) 張芝(高麗芝)A=400㎡
所在地:秋田市雄和椿川山籠

環境-国内線屋上緑化システム工事(施工後)

(施工前)
今回の工事では大林式屋上緑化工法を用いて工事を行いました。
この工法は、E-Soilという檜や杉の樹皮を特殊加工した土よりも軽い天然素材を使用することにより、建物の負担にならないようにしました。 このE-soilは繊維質が絡み合うため、風の強い屋上でも飛散しにくく、空気を多く含んでいる為、少量の土壌で緑化が可能です。
さらに、杉や檜の樹皮は殺菌力も高く土壌中の根腐菌を抑制し、保水性が高く、灌水を大幅に軽減できます。 また、E-パレットシステム工法とフリーシステム工法を使用することで手軽にでき工期も短縮できます。

Share 
地域に貢献する仕事を。
私たちと一緒に働きませんか?

過去のものを残し、未来に良いものをつくる。
地域や社会へ貢献する「建設」という仕事に向き合いませんか?
三共では、「自ら目標を設定し、失敗を恐れずに行動に移し、粘り強く取り組む」人材を精いっぱいサポートいたします。

/ / 国内線屋上緑化システム工事