三共建設会社概要

沿革

 
 

1972年

(有)金子建設・安倍商事・㈲鈴木工務所との合併により三共株式会社を資本金2,000万円で設立

 

1977年

新社屋を建設
資本金を2,422万円に増資

 

1981年

事務のOA化を導入
資本金3,027万5千円に増資

 

1986年

資本金3,700万円に増資

 

1988年

資本金4,000万円に増資

 

1989年

事業部統合により、本社屋を現在地に移転

 

1990年

重機・車両部門を独立、さらに石油販売業・損害保険代理業を加えてサンケンサーピス株式会社を資本金4,200万円で設立

 

1994年

サンケングループ社員総数100名
総資本額1億1,200万円総売上高35億円

 

1996年

資本金5,000万円に増資

 

2002年

緑化事業として株式会社ジャパン緑化のフランチャイズチェーン加盟

 

2003年

IS09001取得

 

2007年

ガス製造プラント設備設計・施工及び保守点検、機械器具設置、管工事業 として株式会社千秋テクノエンジニアリングを資本金2,000万円で設立

 

2008年

溶接加工、金物製作部門を独立
三共スチール株式会社を資本金2,000万円で設立

 

2009年 4月

秋田営業所の設置

 

2009年10月

サンケングループへ富士タクシーの所属

 

2010年 7月

社名を「三共株式会社」へ変更。
それに合わせ、グループ名を「三共グループ」へ変更

 

2010年12月

三共グループへ三光不動産の所属

 

2012年 5月

宮城県仙台市青葉区に「仙台支店」を設置

 

2013年 4月

仙台支店を「仙台市泉区」に移転

 

2013年 9月

メガソーラ事業を新設

 

2014年 2月

仙台支店が「みちのくEMS(みちのく環境管理規格)」を取得。
詳細はこちら