沿革

1972年

(有)金子建設・安倍商事・(有)鈴木工務所との合併により、
三共株式会社を資本金2,000万円で設立

1977年

新社屋を建設
資本金を2,422万円に増資

1981年

事務のOA化を導入
資本金3,027万5千円に増資

1986年

資本金3,700万円に増資

1988年

資本金4,000万円に増資

1989年

事業部統合により、本社屋を現在地に移転

1990年

重機・車両部門を独立、さらに石油販売業・損害保険代理業を加えてサンケンサーピス株式会社を資本金4,200万円で設立

1994年

サンケングループ社員総数100名
総資本額1億1,200万円総売上高35億円

1996年

資本金5,000万円に増資

2002年

緑化事業として株式会社ジャパン緑化のフランチャイズチェーン加盟

2003年

IS09001取得

2007年

ガス製造プラント設備設計・施工及び保守点検、機械器具設置、管工事業として株式会社千秋テクノエンジニアリングを資本金2,000万円で設立

2008年

溶接加工、金物製作部門を独立
三共スチール株式会社を資本金2,000万円で設立

2009年4月

秋田営業所の設置

2009年10月

サンケングループへ富士タクシーの所属

2010年7月

社名を「三共株式会社」へ変更。
それに合わせ、グループ名を「三共グループ」へ変更

2010年12月

三共グループへ三光不動産の所属

2012年5月

宮城県仙台市青葉区に「仙台支店」を設置

2013年4月

仙台支店を「仙台市泉区」に移転

2013年9月

メガソーラ事業を新設

2014年2月

仙台支店が「みちのくEMS(みちのく環境管理規格)」を取得。

2014年2月

株式会社三共整備工場を資本金500万円で設立

2014年4月

株式会社三光メディケアを事業主として総合介護福祉施設「ハルモニア・にかほ」を開設

2015年1月

風力発電設備のメンテナンス需要への対応のため、株式会社三共テクノソリューションズを資本金1,000万円で設立

2015年10月

株式会社福寿草を資本金500万円で設立し、営農事業を展開

2016年3月

三共ホールディングス株式会社を資本金5,000万円で設立し、グループ体制を強化

2016年10月

ひとによし株式会社を資本金600万円で設立し、地域資源開発、飲食店の運営事業を開始

2016年

三共ホールディングスへ株式会社児玉水道ガス工業所の所属

2017年

三共ホールディングスへ株式会社アーバン造園の所属

2017年4月

株式会社三共精機を資本金1,000万円で設立

2017年4月

S・デザインファクトリー株式会社を資本金1,000万円で設立し、グループの設計業務を集約すると同時に、一級建築士事務所を開設

2017年4月

SG WIND JAPAN株式会社を資本金1,000万円で設立し発電施設の保守及び運営管理事業を強化

2017年6月

株式会社BESS三共を資本金2,000万円で設立し、ログハウス事業を開始

私たちと一緒に働きませんか?

過去のものを残し、未来に良いものをつくる。
地域や社会へ貢献する「建設」という仕事に向き合いませんか?
三共では、「自ら目標を設定し、失敗を恐れずに行動に移し、粘り強く取り組む」人材を精いっぱいサポートいたします。